• セラミドでお肌の潤いを保とう

    • 水分たっぷりのしっとりとした肌を保つには、セラミドの存在も欠かせません。

      化粧水などの商品パッケージに書かれていて、どんな成分なのか気にしていた方もいる事でしょう。主に表皮に存在していて、細胞と細胞の間を満たすように埋められている細胞間脂質の一つでもあります。セラミドは水分や油分をたっぷりと抱え込んでくれるので、肌の保湿をしてくれる役割があるだけでなく、細胞の間をしっかりと埋めてくれているので、外からの刺激をシャットアウトしてくれる働きもあります。

      セラミドの情報もあります。

      冬などの乾燥している時期や場所だと、どんどん失われていって、肌もがさがさしたりかゆみなどを感じたりするようになってきてしまいます。


      年齢と共に体内で保持している量も減ってくるので、意識して化粧品や食品類で摂取していくことが大切です。



      選ぶ時にはよくみてみるといろんなセラミドがあるのが分かります。
      特におすすめなのはヒト型と記載があるものです。



      そして、パッケージにはどのような成分が使われているのか表示がありますので、きちんと表記の確認をすることも大切です。

      他にもコラーゲンやヒアルロン酸など、保湿効果を高めてくれるような成分も一緒に配合されていると、より使い勝手がよくなりますので、手に取ったら内容の確認をしてから購入をしましょう。肌が乾燥してしまうと、どんどん老化も進んでしまいますから、アンチエイジングのためにもセラミドの補給をして潤い感のある肌を保ちましょう。

  • セラミドが気になる方

    • サプリメントでセラミドを飲むこと

      皮膚の中で水分と油分のバランスを保っているセラミドは、加齢やストレス、睡眠不足などでその数、また作られる機能が減少、低下していきます。セラミドが減少したり、その生成機能が低下すると、肌は乾燥しやすくなり、その状態が進行すると敏感肌になってしまうこともあるので、外側からこれを補うことは、健やかな肌を維持するためには重要です。...

  • セラミドの納得の真実

    • セラミド配合の美容液を選ぶ際のポイント

      最強の保湿成分と評価の高いセラミド配合の美容液を選ぶ際にチェックしておきたいポイントですが、まず「種類」からチェックしてみると良いそうです。セラミドにはいろいろな種類があり効果など様々で、高い保湿力があり刺激が少ないのが特徴の酵母を利用して生成された「ヒト型セラミド」、石油原料から化学合成した「疑似」、他にも小麦胚芽油や米ぬけ油などから抽出した「植物性」のモノや牛乳由来成分の「ミルク」などの種類があり、美容液で選ぶのであれば、刺激も少なく高い保湿力のある「ヒト型」が配合されている美容液を選ぶのがポイントだそうです。...

  • セラミドの納得の事実・セラミドの常識

    • セラミド配合は化粧水か美容液のどっちを選ぶ?

      セラミドは優れた保湿成分として最近では多くの化粧品に取り入れられている成分で、肌に水分を保湿してくれることによって、年齢を重ねた肌に起こるシミやしわ、たるみといった原因を緩和してくれるアンチエイジング成分です。その他にも、美白成分としても効果があり、肌を外部の刺激から守ってくれるバリアとしての役割も果たします。...

    • セラミド配合化粧品で肌トラブルのない美肌に導く

      ニキビ、肌荒れ、シミ、しわ、くすみ、たるみ、毛穴の開き、角栓、ごわつき、ざらつき、キメの粗さなどの肌トラブルに悩まされているという人は多いのではないでしょうか。それは、肌の乾燥が原因である可能性があります。...